忍者ブログ
[29] [28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国際収支説

為替レートが経常収支によって決まるとする考え方を指す。国際資本移動が制限されており、国際取引の大半が経常取引という場合に成立する。この場合、自国の経常収支が黒字なら自国通貨高、赤字なら自国通貨安となる。

マンデル・フレミング・モデル

開放経済下における金融・財政政策の効果を分析するための経済モデルを指す。その内容は、①自国が小国である、②遊休設備がある、③国際資本移動が自由、という前提の下、金融の量的緩和が行われると、金利低下→資本流出→為替レート下落→純輸出増加→所得増加となってプラスの効果が期待できる。一方、金融政策が中立的な時に積極的な財政政策を実施すると、所得増加→金利上昇→資本流入→為替レート上昇→純輸出減少となり、所得増加を相殺することになってしまう。

<PR>

クレジットカード 比較

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
プロフィール
HN:
田所さん
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索